ブランデンタルクリニック福山のスタッフによる、日々の出来事です


by blanc-fukuyama

歯周病


今日yahooを見ていて気になるニュースを見つけました。



“<歯周病>菌の作る酪酸がHIV活性化・発症の恐れ”

歯周病は軽度から重度まで含めると、25歳以上の国民の8割以上がかかっているとされる。落合教授は「HIVの感染に気づいていない人が、歯周病をきっかけに発症する恐れがある。今後はマウス実験や疫学調査で実態を解明したい」と話す。

 国立感染症研究所の泉福英信氏(口腔細菌感染症学)の話 最近、歯周病が糖尿病や心臓疾患にかかわっていることが報告されている。今回の結果は歯周病がHIVなどのウイルス感染症にも影響をおよぼすことを示している。口の中を清潔に保つことの大切さが、再認識されるきっかけになるだろう。


上記は記事の一部です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090211-00000012-mai-soci


確かに最近の歯科では、虫歯になったら、治す!ではなく、
 
虫歯にならないため・歯周病にならないための予防歯科(定期健診)を主にされてる歯科医院が増えてきています。

ブランでも、予防歯科を取り入れ定期健診の重要性を患者様に伝えています。


一年以上歯医者に行かれていない方は、ぜひこの機会に歯科医院に行かれて定期健診を受診される事をオススメします。

c0166506_234489.jpg

c0166506_22555694.jpg
[PR]
by blanc-fukuyama | 2009-02-11 22:46